愛犬に欠かせないドッグフード!与え方からフード選びまで知っておきたいミニ知識を解説

このサイトは、愛犬に欠かせないご飯でもあるドッグフードの選び方や与え方のポイント、知っておくと必ず役立つミニ知識を数多く紹介してあります。
値段で選んでいたりすると、ワンちゃんの体調不良になってしまったり、ご飯に含まれる成分や食材によって食物アレルギーが起きることもあるので、しっかりとした選び方を覚えることが大切です。
また、ここでは大切な愛犬に与える食事の選び方のコツ、選ぶときに把握しておくべき原材料などにも触れています。

愛犬に欠かせないドッグフード!与え方からフード選びまで知っておきたいミニ知識を解説

大型犬だとたくさんドッグフードを食べるので、なるべく安いものを選ぶなどのケースもあるのではないでしょうか。
メーカー品なら安価なものでも安心、このように考える人も多いですが犬も人間と同じで特定の物質にアレルギーを持つ子もいるので、安価なものを選ぶ前にドッグフードに含まれる成分や原材料などをチェックしましょう。
特に成分は知識として持っておくと含まれていて良いものとあまり好ましくないものなど把握することができるようになります。

ドッグフードの効果的な与え方

大切な愛犬に必要な栄養を適切に与えたい場合には、ドッグフードの与え方もポイントになります。
とはいえ具体的にどのような点に気を付けるべきなのか分からない、という人もいるのではないでしょうか。
そのような場合に知っておきたい事の1つには、ライフステージに合ったものを与えるということが挙げられます。
子犬から老犬まで、それぞれの段階ごとに必要な栄養や量が異なるため適切なドッグフードをあげることがおすすめです。
それだけでなく、ドライフードの場合、粒の大きさも愛犬に適しているかどうかチェックする必要があるでしょう。
小型犬と大型犬では、食べやすいドッグフードの粒サイズは違ってきます。
また年齢によっても食べやすい粒の大きさは異なります。
もしサイズがあっていなければ、食べづらいだけでなく消化にも影響が出てくることもあるかもしれません。
ドッグフードを購入する時には、記載の年齢や犬種を確認し合った量を与えるようにしましょう。

犬種を意識したドッグフード選び

一口に犬といっても、様々な種類があり体格が大きく異なっています。
片手で抱えられるような小型犬から、人間を超えるほどの重さになる大型犬まで色々な種類の犬がいますので、どのようにドッグフードを選びをすれば良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。
犬種を意識してドッグフードを選ぶ場合には、そのフードが愛犬にとって食べやすい大きさであるかどうかに注目をするのがおすすめです。
カリカリとした固形のドライフードは、大粒のものもあれば中粒タイプや小粒タイプのものもあります。
大粒のドッグフードは噛み応えがあるのが特徴です。
バリバリとかみ砕いて食べるのが好きなワンちゃんに与えるときに適しています。
また大型犬に与える場合にも、小粒のものよりも向いていることがあるでしょう。
一方、体の小さな犬種の場合には体に合った小粒タイプの方が食べやすい可能性が高いです。
犬の種類によっては、これらの中間にあたる中粒サイズが向いていることもあります。

食が細い犬におすすめのドッグフード

あまり沢山の食べることがない、食が細い愛犬にどのようなドッグフードを与えれば良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。
愛犬が痩せていると心配になるものですが、もし元々痩せて見える体型の犬種ではなくその上病気でもないのに食が細く痩せているという場合にはドッグフードを変えてみるのも良いかも知れません。
そのような場合にお勧めのドッグフードには、良質な動物性たんぱく質をメインに使用しているものが挙げられるでしょう。
一般的にその方が消化吸収されやすいからです。
グレインフリーのフードは含まれている肉の量が多いため、高たんぱくである場合が多いです。
また食が細くあまり食べないワンちゃんには、高カロリーなドッグフードを与えるのも良いかも知れません。
少量しか食べない犬でも、カロリーが高めのフードなら必要なカロリーが不足しにくくなります。
犬の食の細さに悩みがあるなら、フードを変えることで改善出来ることもあるので獣医師に相談をして選ぶのがおすすめです。

魚が原材料のドッグフードの特徴と魅力

ペットに犬を飼っているとドッグフードを購入することも珍しくありませんが、基本的に原材料の多くは肉だと考えられます。
犬は肉が好きな特徴がありますから、ドッグフードにも積極的に活用されているようなケースが多いです。
しかし商品の中には魚が使用されているケースもあり、そのような商品を選ぶことで得られる特徴と魅力を知っておけば実際に購入するときに役立つと考えられます。
魚が原材料になっているドッグフードをペットに与えることができれば、普段とは違った味わいになるので喜んでくれるかもしれないです。
犬も毎日の楽しみの一つが食事になっているケースが多いので、味に変化が出ると嬉しくなることも珍しくありません。
またカルシウムを豊富に取り入れることができますから、骨が丈夫になる効果を得られるかもしれないです。
健康的な状態に近づくことができますから、その点も特徴と魅力として覚えておくといいでしょう。

筆者:新宮万里

筆者プロフィール

京都府精華町生まれ。
暑い日は肉球がやけどしてしまうので、散歩の時間には気を付けましょう。
ドッグフードの魚が原材料のもの